Skip to main content

Oral surgery & Implant center

Tel 03-6276-8875

Top page
Introduction (当クリニックについて)
Staff (スタッフ)
Facilities (当クリニックの設備)
About CT (歯科用CTについて)
Oral surgery (口腔外科について)
口腔外科専門医とは?
インプラント治療について
インプラントの基礎知識
インプラント治療の流れ
インプラント治療 Q&A
親知らずについて
親知らずの移植について
智歯周囲炎について
ドライソケットについて
顎関節症について
Periodntitis (歯周病予防)
ホワイトニング
マイクロスコープを用いた精密治療
保険外治療の費用について
Access (アクセス)
For Dentist (医療関係者の方へ)
Contact us (お問い合わせ)
プライバシーポリシー
メンバーのログイン
歯科用CT撮影装置について
 
当クリニックには歯科用のCT撮影装置を完備しております。一般的にCT(computed tomography)というと、大病院にある大きなトンネルのようなところに入って撮影する大掛かりな装置というイメージがあると思います。しかし、最近の歯科用のCTはちょっと違って見た目は普通の大きめのレントゲンを撮影する機械と同じです。しかし、小さくても今まで見えなかった奥の部分を見ることができるようになり、原因がよくわからなかった病気を発見することができます。また、ほぼ正確な距離が計測できインプラントやその他の治療においてもきちんとした計画を立てることができ患者さんが安心して治療を受けることができるようになりました。
 

 
 
CT撮影により明らかになること

CTを撮影することによって今までのエックス線写真では見えなかった部分の病気を発見することができます。それにより正確な診断に役立て精度の高い治療を行うことができます。
 

 

 
 
インプラント治療への応用

いまやインプラント治療にはCTの撮影は欠かせません。当クリニックではインプラント治療を行うずべての患者様に術前にCTを撮影して、埋入方向や人工歯根の長さやサイズ、そして上顎洞の位置、下顎神経との距離などを計測してから手術を行っております。 これにより手術における神経麻痺や偶発症を回避することができます。
 

 
術前に上のようにシミュレーションしたインプラントは
このように埋入できました。
 
 

 
 
 
親知らずの抜歯への応用

下顎神経に近い親知らずの抜歯を行う際にも、CTを活用しております。
CTを撮影することで神経と親知らずの位置関係を3次元的に把握することができ、リスクの予想が可能となります。また神経を避けて手術することでリスクの軽減にもつながります。
 
例えばこのような神経に近い親知らずをCTで撮影すると 
 

 
 
下のような画像が得られます。これで見ると親知らずの舌側に神経が存在しているのがわかります。これによってリスクの軽減につながると考えています。
 
また、三次元的に親知らずの形を見ることができるために、事前に抜歯の計画が
立てやすく、手術時間の短縮にもつながります。
 
その後、この患者様の抜歯を無事終えることができました。術後は麻痺もなく順調でした。
 
 
 
 
 
 
CT撮影をご希望の患者様はお気軽に当クリニックまでお問い合わせ下さい。
はただデンタルクリニック 03-6276-8875