Skip to main content

Oral surgery & Implant center

Tel 03-6276-8875

Top page
Introduction (当クリニックについて)
Staff (スタッフ)
Facilities (当クリニックの設備)
About CT (歯科用CTについて)
Oral surgery (口腔外科について)
口腔外科専門医とは?
インプラント治療について
インプラントの基礎知識
インプラント治療の流れ
インプラント治療 Q&A
親知らずについて
親知らずの移植について
智歯周囲炎について
ドライソケットについて
顎関節症について
Periodntitis (歯周病予防)
ホワイトニング
マイクロスコープを用いた精密治療
保険外治療の費用について
Access (アクセス)
For Dentist (医療関係者の方へ)
Contact us (お問い合わせ)
プライバシーポリシー
メンバーのログイン
ドライソケットについて
通常歯をぬいた窩は血餅(けっぺい)とよばれる血の固まりで満たされ、それが肉になり
穴がふさがっていくのですが、その血餅がごっそり取れてしまい、骨がむき出しになっている状態がドライソケットです。

一度ドライソケットになると露出した骨に薄い歯肉が覆われるまで一ヶ月ぐらいかかることも

あります。

ドライソケットは抜歯後の偶発症で、下顎の親知らずを抜歯した後のものが多いです。

ドライソケットの症状

通常、親知らずの抜歯後に麻酔が切れれば痛みがありますが、その後は次第に痛みが徐々に弱くなっていくのが通常の経過です。

しかし、ドライソケットの場合は、2~3日後くらいから次第に痛みが強くなっていきます。

ドライソケットになると持続的に痛みがあり、鎮痛剤を手放せない状態になります。

特に水を含んだりすると痛みが増強することがあります。

 

また、ドライソケットの場合レントゲンを撮影すると写真のように白く骨の硬化像がみられます。


ドライソケットの原因

ドライソケットの発生頻度としては0.5%から21.3%まで様々な報告があります。

原因としては抜歯後に強くうがいをして、血餅が脱落してしまうことが第一に挙げられます。

抜歯後は、血の味がして気持ち悪いと思いますが、なるべくうがいは控えるようにしてください。

また、1~2日は強くうがいをしないで、できかけた血餅が欠落しないように気をつけましょう。

ドライソケットになってしまった場合は、翌日などに強い痛みを感じます。

その場合は、すぐに歯科医師に診てもらいましょう。


ドライソケットの治療

ドライソケットの治療法としては

抜歯窩に軟膏を注入する方法と抜歯窩の骨を引っかいて再出血させて血餅を再度作らせる方法があります。

当クリニックではほとんどの場合軟膏を注入して治療を行っております。

親知らずの治療を希望の患者様はお気軽に当クリニックまで
お問い合わせ下さい。
はただデンタルクリニック 03-6276-8875