Skip to main content

Oral surgery & Implant center

Tel 03-6276-8875

Top page
Introduction (当クリニックについて)
Staff (スタッフ)
Facilities (当クリニックの設備)
About CT (歯科用CTについて)
Oral surgery (口腔外科について)
口腔外科専門医とは?
インプラント治療について
インプラントの基礎知識
インプラント治療の流れ
インプラント治療 Q&A
親知らずについて
親知らずの移植について
智歯周囲炎について
ドライソケットについて
顎関節症について
Periodntitis (歯周病予防)
ホワイトニング
マイクロスコープを用いた精密治療
保険外治療の費用について
Access (アクセス)
For Dentist (医療関係者の方へ)
Contact us (お問い合わせ)
プライバシーポリシー
メンバーのログイン
Dental  Implantの基礎知識
 
インプラント治療とはどのようなものでしょう?
 
通常何らかの原因によって歯がなくなると義歯(入れ歯)か両隣の歯を削ってブリッジという方法で歯を補っていきます。
 
しかし、インプラントは歯がなくなった部分の骨の中にチタン製のネジを埋め込み、これを土台として歯を作っていく方法です。チタンという金属は骨に埋め込むと骨と密接に接することが様々な実験によって明らかになっており、これを応用した技術が歯科用インプラントということになります

 
 チタンは医療分野で幅広く活用されている非常に生体親和性の高い素材で、金属アレルギーの心配も非常に少ない金属です。 

 

 

 

 

Dental  Implantの歴史

 

インプラントは今から約半世紀前の偶然の発見によって

世の中にもたされました。

 

1952年スウェーデンのルンド大学医学部で、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士は兎の脛骨にチタン製の生体顕微鏡を取り付けて、微少循環を観察する実験を行っていました。博士がその器具を外そうとした際、チタンと骨がくっつき外せなくなってしまったのです。この現象により、チタンと骨の組織が拒否反応を起こさず結合すること、すなわちオッセオインテグレーションを発見したのです。

 

博士はその後イエテボリ大学に移籍し、研究を続け1965年に世界初の純チタンによるデンタルインプラントシステムの臨床応用を開始しました。最初の患者さんは先天性歯牙欠損に悩むヨスタ・ラーソンという名前の34歳の男性で、彼は上下顎にデンタルインプラント手術を行い、そのインプラントはその後彼が亡くなるまで41年間問題なく機能したということです。

 

現在では純チタン製フィクスチャー(人工歯根)によるインプラント治療は一般の歯科医院にも多く普及し、最も安定した成績を残しております。

 

当クリニックではアストラテック社製純チタン製インプラントを使用しております。

 

入れ歯やブリッジがあわずに不自由している方、
インプラント治療をご希望の患者様はお気軽にお問い合わせ下さい。
 
クリニックのブログで実際にインプラント治療を行った症例を
紹介しております。参考にしてください。
  
はただデンタルクリニック 03-6276-8875